過去に、引越しを経験しました。 業者に依

過去に、引越しを経験しました。


業者に依頼しましたが、それにも関わらずやはり大変でした。


大変だったことはというと、多種多様な手続きです。
住所が変われば、印鑑証明の前提となる印鑑登録もする必要がありました。あまり必要ではないのですが、念のため登録を済ませました。
引越し業者というのは、とてもたくさんあって迷ったのは事実です。
周りの人や口コミを見聞きしても、その時来た、営業さんやバイト君の対応ひとつで、評価は良かったり悪かったりして、結果的としては、アリさん対パンダさんの勝負となりました。


公団から新築に引越したのですが、結構、スムーズに引越し作業をしていただけて、アリさんに感謝しております。転居の際の掃除は大変です。家具を運び出してから、隅々まで掃除するのはもちろんですが、ちょっとずつでも、あらかじめ始めていくのがその後が楽です。



コツは荷造りより先に、掃除をやってしまうことです。

そうすると、最終的にはさっと軽く掃除すれば全てが片付きます。



転居で必要なものは荷物を入れる箱です。
細かいものもきちんと整理して段ボールに入れれば、引越しの作業時間も減少し、スタッフにも感謝されます。

段ボールは引越し屋が無料でくれることもほとんどなので、見積もりの時に確かめた方がいい箇所です。実際、引っ越しの際、洋服が衣装ケースに入ったままですと持ち運びが楽にできます。
私がお勧めしたいのは透明でプラスチックの衣装ケースです。
これだと、中に入っているものが見えるので大変便利です。

引っ越しを行うと、しばらく荷物が、何がどこに入っているのか分からない状態にもなりますが、衣装ケースに入れておくと、そういった心配がなくなります。
引越し業者から契約時にいわれると思いますが、引越しの前日には、前もって冷蔵庫の電源を抜いておいたほうがベターです。



理由はというと、冷凍庫についた霜を溶かし、移動前にあらかじめその出てきた水を取り除くことができるからです。こうしておくことで、冷蔵庫を移動させているときに、他の荷物に水が掛かってしまうことを防ぐというメリットがあります。


引っ越しなさる際の住所変更はなかなか手のかかるものです。

転出届であったり転出届といった役場の手続きをすれば良いとはかぎりません。
関係するいろいろなところで、住所の変更を伝えなければなりません。


保険会社に、住所変更を知らせていなかったことを引っ越しした後、二年以上がたった後に気が付きました。

その間、何もなくてなによりでした。



引越しは、自分の力でする場合と業者にやってもらう場合があります。独り身だと、荷物がそんなに多くないため、自分でやることができます。引越し業者に依頼した時に驚いたことは、積み込みにかかる時間が短時間であるということでした。下準備だけでなく、二人で作業すると、全く違うなと思いました。


私は引っ越しの時に、家にあった不用品を売ってしまいました。
着なくなった服や家具など、たくさんありました。

業者に家まで足を運んでもらって、隅から隅まで査定を行ってもらったのです。すると、思いがけない査定額となりました。
なんと私の不用品が、お金に変わったのです。
ものすごく嬉しかったです。

前日に引越しの予約をキャンセルすることになり、引越し業者へ連絡してみると、引越し代金の10%分はキャンセル料がかかりますといわれてしまいました。
かつて違う引越し業者でキャンセルした際は、引越しの前日でも引越し代金を丸々支払わなくてはいけなかったので、前回よりも安く済んで、安心しました。

ページの先頭へ