引っ越すにあたって、借家だった場合は原状回復義務と

引っ越すにあたって、借家だった場合は原状回復義務というものが生じます。



この原状回復義務というのは、借りていた時につけた傷や室内の壊してしまったものを元の状態に戻す義務のことで、通常であれば敷金からその分の費用を差し引かれて、あまったお金が返ってくるというような形となります。引越しの際に気をつけるべきポイントはいくらかありますが、特に大事なのはゴミ収集日を頭に入れておくことなのではないでしょうか。

引越し前の掃除の段階では、ゴミ収集日のタイミングと合わせてゴミを集めておきましょう。
紙類や資源ゴミといったものは収集日が、月に二度しかない地域もあるので、出し忘れてしまうと後が大変になります。

引っ越しの手順は、やっかいなことばっかりだなと認識していたら、水道の手続きは電話でも大丈夫だそうです。



大それたことではないかもしれませんが、なぜだか、非常に嬉しいです。喜びついでに、電話するタイミングも確かめてみたら、3〜4日前までにと書いてありました。すぐに、電話をします。



引越の時の立会いは、必要ないと思ってもしっかりやっておかないと後で困ることになるかもしれません。賃貸料金の発生する物件の場合には、不動産屋さんや大家さんが、立ち会って確認することになります。
敷金をいくら返すかに関わってきますから、可能なかぎりキレイにクリーニング作業をしておいてください。



また、リフォームをしなければならない箇所を、お互いにチェックし合うことで、トラブルを未然に防止することにもつながります。

友人が紹介してくれたので、引越しのサカイに見積もりを提出してもらいました。



とても愛想の良い営業スタッフが来てくれて、親身に相談にのってくれたのです。想像したより安価な見積もりだったので、その日じゅうに即断しました。



引越しそのものもものすごく丁寧な作業で、たいへん満足でした。


近い距離の引越しの時は、大きい引越しの業者よりも、地元密着型の引越し業者の方がより良いこともあります。

地元の引越し業者は、料金が手ごろで小さい要望にも対応してくれるところが多いです。



それに、自分で運べる荷物は自分で運ぶようにして、大型の家具、家電のみ業者に依頼すると、料金を削減できるかもしれません。
慣習としての「引越しソバ」とは新居に引越しをした時に近くの家の人にご挨拶としておすそ分けするものです。

私も一度頂いたことがございます。

細長いソバとかけて、細く長いご縁をこれからよろしくお願い申し上げます。
という感じの意味合いがあるようです。私が移ったアパートはペットが飼育できないアパートです。

しかし、この頃、お隣から猫の鳴き声が確認できるように思いました。大家さんもそれを承知しており、何度となく忠告をしたようですが、「育ててない」と言うだけだそうです。愚かなことをしてしまいました。

一人暮らしのために、誰にも頼らずに一人だけで引っ越しをしたのです。



なんとか行けるだろうと思っていたのです。

それなのに、とても大事にしていた家具に酷い傷をつけてしまったのです。廊下の角を曲がる時、ぶつけて傷ができてしまいました。

無茶苦茶後悔しています。独身時での引っ越しは、家具や電化製品も大きいものがなく、業者に頼まずにすることができていました。

しかし、結婚してから引越しをすると、冷蔵庫や洗濯機などの家具や電化製品が大型になり、とても大掛かりとなるため、引っ越し業者に頼みました。

業者に頼むと、電化製品を設置してくれるので、すごくラクにできました。

ページの先頭へ