引越しする日にやることは2点です。 ひと

引越しする日にやることは2点です。


ひとつめは、退去する部屋では荷物を運び出した後に管理会社の立ち合いで部屋の実情を確かめることです。


ここで大きな汚れや傷を確かめますが、この調査が敷金でのカバーや別途クリーニング費用の請求に影響します。

新居ではガスの元栓のオープンが不可欠です。これは業者の立ち合いが不可欠なのです。引越しの前の日にしておくことで怠っていけないのは、冷蔵庫のたまった水を捨てることです。水の抜き方が分からない人は少なくとも冷蔵庫のコンセントを抜いておいた方が良いです。言うまでもなく、中には何も入れないでください。



そうしなければ、当日冷蔵庫の運搬に問題が生じる可能性もあります。今回、引越しをすることになったとき住民票の移動は早めに、行おうと思っていました。



まず、私が転出届の手続を行って、主人のほうが、引越しの当日中に転入届を提出できるように日程を調整しておいてどたばたぜずに引越ししました。



住民票の移動のほかにも引越しというイベントは多くの手続きや処理が必要なので忘れないようにちゃんとリストにして「見える化」しておいて、計画的に進めることが必要だと思います。

姉が現在のアパートから実家である我が家にまた住むことになりました。


引越のため、私と母が、移動の前日に荷物を整理する手伝いに行きました。

10年住んでいた部屋らしく、不用品の数が大変な事になっていました。実家に持っていかないものを売ってしまうと、軽トラの荷台約半分の荷物に減り、思ったよりも楽に引越できました。

私たち一家が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物と一緒に荷造りするか悩みました。

私たちには車があったので、主人が細かい荷物や必需品と同じくパソコンものせて新宿に持ち運ぶことにしました。PCはどれだけ梱包しても、万が一、誰かが作動させたら、個人情報がいっぱいあるので、すごく心配だったからです。引越しをする時には色々な手続きをしなければいけませんが、仕事をしている場合に特に大変なのが市役所での手続きです。

住民票を転入や転出などの手続きがあるので、少なくとも二回は行かなくてはなりません。
市役所は平日しか開いていないので、引越し当日以外にもさらに休みをわざわざ取らないといけないということになってしまうのです。



引越しをするときはそのための便利グッズを使うと、時間と労力を大いに節約できます。
引越し用グッズには、日常的に使える便利アイテムが沢山あるので、1つ買っておくのがオススメです。
近年は、100円ショップ内にも引越しに便利なアイテムが沢山並んでいますから、ぜひうまく使ってみてください。なるべくなら、引っ越す当日の天気は晴天を望みます。もしも、雨が降ったら、大変なことだと思うのです。


そのままでは、何もかもが濡れてしまいます。テーブルや椅子、冷蔵庫もです。
晴れていれば、そのまま運んでもよいのに、雨の場合は、シート掛けをしないといけません。
それは、結構な手間になるでしょうし、家具や家電が濡れてしまうことは抵抗があります。引っ越しを始める前に相場の実情を知る事は、凄く大事です。


これくらいだと予想される値段を把握しておきますと、吹っ掛けられる事もないでしょう。ただ、年度末の多忙な時期に関しては、値段が高騰するケースが多いですので、早めの予約が良いかと思います。

いざ引越しをするとなると、大量の荷物を入れた段ボールをジャマにならないようあちこち移動させたり、業者さんに混じり大型荷物を運んだりと大忙しです。


一定時間行っていると、手のひらがじきに真っ赤になってしまいます。業者さんの手はどうなのかと見てみると、しっかりと軍手をはめています。
引越し業者にお願いをしても、自分専用の軍手が必要です。

ページの先頭へ